当ページには広告が含まれています。

アドレス125のポジションランプを再び交換した話【&メーターランプ】

M's Basicのポジションランプを交換したアドレス125
  • URLをコピーしました!

以前、原付二種スクーターのアドレス125を初めてLED化しました。

そのとき交換したポジションランプとメーターランプが切れてしまったため、再び交換したときの模様を今回はお伝えします。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

IPFのM’s Basicのポジションランプを購入

今回の内容はYouTubeに動画もアップしているので、よければこちらもご覧ください。

以前交換したポジションランプおよびメーターランプはこちらです。

点灯は問題なく色も気に入っていたのですが、交換から数か月、6700kmほど走ったところでどちらも切れてしまいました。

そこで新たに購入したのがこちら。

M’s Basic(エムズベーシック)とは、日本のライトメーカーのIPFがAmazonで展開する新ブランドとのことです。

1年2か月前の購入時も現在(記事投稿時点)もAmazonベストセラー1位でした。

こちらもLEDのT10バルブです。

その他仕様は以下のとおりです。

定格12v-0.4w
明るさ55lm(ルーメン)
色温度6000k(ケルビン)

内容はバルブ2個と取扱説明書となっています。

M's Basicのポジションランプの梱包

バルブの外観です。

M's Basicのポジションランプの正面
M's Basicのポジションランプの底面
M's Basicのポジションランプの側面
M's Basicのポジションランプの真横

説明書の一文で初めて「自動車専用」ということを知りました。

M's Basicのポジションランプの説明書

「自動二輪車」も含まれるのか不明ですが、例により自己責任にて使用することにします。

ポジションランプとメーターランプの交換

アドレス125のカウルとヘッドの外し方、およびランプの交換については下の記事をご参照ください。

無事交換することができました。点灯も問題なし。

アドレス125に取り付けたM's Basicのポジションランプ

メーターランプは昼間だと見えにくい。

アドレス125に取り付けたM's Basicのメーターランプ

夜に点灯確認する

ということで、夜にアドレス125を走らせて点灯確認しました。

夜に点けたアドレス125のM's Basicのポジションランプ

運転席側から見ると、ポジションランプは以前のものとの違いは分かりません。

ポジションランプは「車幅灯」ともいい、視界の悪い状況で対向車や他人に車幅を伝えるためのものだそうです。

なので、ドライバーにとって違いが分からないというのは当然かと思います。

メーターランプは以前のものより明るく感じました。

夜に点けたアドレス125のM's Basicのメーターランプ

視認性は新旧どちらも問題ありません。

以前のアイスブルーも落ち着いた色で良いのですが、白色も白アドレスに映えます。

色の選択は個人の好みによりますが…

耐久性については以前も述べたとおり、ポジションランプ・メーターランプともに取り付けから約1年2か月経った現在でも切れることはありません。

LEDに換えたい場合は、こちらのランプが無難かと思います。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次