当ページには広告が含まれています。

GIVIのトップケースをアドレス125に取り付けた話【原付二種バイク】

GIVIのリアボックス
  • URLをコピーしました!

GIVI(ジビ)のトップケースをスズキのアドレス125に取り付けてから約2年半が経ちました。

トップケースはやはり便利で、通勤や通学・ツーリング等でおおいに役に立つかと思います。

今回はその取り付け方法や使い方・使い勝手をお伝えします。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

GIVIのトップケース購入

今回の内容についてはYouTubeに動画もアップしているので、よければこちらもご覧ください。

私が購入したトップケースはこちら。

GIVI(ジビ)というイタリアのブランドのもので容量は35L。色はパールホワイトです。

色は他にブラックとシルバーがあるようです。

約2年半前(2020年6月)にAmazonにて14000円で購入しました(配送料込)。

これを、ほぼ同時期に購入した原付二種のアドレス125のリアキャリアに取り付けました。

開封

梱包と開封の様子は下図のとおりです。

GIVIのリアボックスの梱包
GIVIのリアボックスの開封

厳重に梱包されていて中身に異常はありませんでした。

内容は以下のとおりです。

  • ケース
  • ベース
  • ベースカバー
  • キー(2個)
  • 取り付け金具一式
  • 取扱説明書・保証書

ベースを取り付ける

アドレス125はリアキャリアを標準装備しています。

アドレス125のリアキャリア

そのため、このトップケースの取り付けには付属品以外の部品は必要ありません。

まず、キャリアとベースの穴を合わせます(下図赤丸)。

GIVIのリアボックスのベース

金具の取り付け順は下図のとおりです。

GIVIのリアボックスの取り付け金具

ベースのマスにプレートを仮置きして、すべての穴が通るか確認します。

GIVIのリアボックスの取り付けプレート

ワッシャーを噛ませて、それぞれの穴にボルトを通します。

GIVIのリアボックスのベースにボルトを通す

裏側は、波形プレート・ワッシャー・ナットの順にボルトに通します。

GIVIのリアボックスのベースに波形プレートを通す

キャリアの枠と波形プレートの形を合わせてナットを締めます。

GIVIのリアボックスのベースのナットを締める

ナットを締めるにはソケットとラチェットハンドルが便利です。私はいずれもダイソーで購入しました。

ソケットとラチェットハンドル

ここでは10mmのソケットを用います。

10mmのソケット

最初はペンチやレンチでナットを挟んで回していましたが、スペースが狭いうえに力も使うのでおすすめしません。

下のナットを締めている間、ボルトの頭は六角レンチでおさえます(サイズはM6)。

GIVIのリアボックスのベースのボルトを六角レンチでおさえる

4か所すべて仮締めして、問題がなければ本締めします。

GIVIのトップケースのベースのボルトを締めた

ベースがガタつかないことを確認したら、ベースカバーをはめます。

GIVIのトップケースのベースカバーをはめる

2か所をネジで留めてカバーを固定します。

GIVIのトップケースのベースカバーをネジで固定する

以上でベースの取り付けは完了です。

ケースの着脱

ケースの取り付け方

ベース前方に2か所の穴があります。

GIVIのトップケースのベースの穴

またケースには2か所のツメがあります。

GIVIのトップケースのツメ

ベースの穴にケースのツメを引っかけるようにしてはめ込みます。

GIVIのトップケースのツメをベースに差し込む

次にケースの底の穴をベースの突起にはめ込みます。

GIVIのトップケースの穴とベースのツメ

ケースの蓋を開けて(やり方は後述)、ケースの底とベースを手で挟んで押し込めば確実にロックできます。

GIVIのトップケースをベースに接続する

再度ケースの蓋を閉めてキーを抜きます(やり方は後述)。

ケース取り外しボタン(下図矢印)を押して、ボタンが引っ込まないか確認します。

GIVIのトップケースの取り外しボタン

ボタンが引っ込んだら正常にロックされていない状態です。ボタンを押してケースを取り外し、もう一度やり直します。

最後にケースを上に引っ張って外れないか確認したら取り付けは完了です。

ケースの取り外し方

キーを鍵穴に挿し、右(時計回り)に回すと、鍵穴の下の取り外しボタンのロックが解除されます。

GIVIのトップケースの取り外しボタンを押す

取り外しボタンを押してからケースを持ち上げます。

GIVIのトップケースを取り外す

ケースの開閉

ケースの開け方

キーを鍵穴に挿し、右(時計回り)に回します。

鍵穴の上のボタンを押してロックを解除します。

GIVIのトップケースにキーを挿す

あとは蓋を持ち上げるだけです。

GIVIのトップケースを開ける

ケースの閉め方

蓋を閉めてフラップ(下図矢印)を押し下げます。

GIVIのトップケースのフラップを押す

すると、その下のボタンが持ち上がります。

キーを左(半時計回り)に回しロックします。

GIVIのトップケースのキーを左に回して抜く

あとはキーを抜くだけです。

外観

このGIVIの35Lケースは、アドレス125の車幅に収まります。

GIVIのトップケースの後ろ姿
GIVIのトップケースの前姿

そのため、ケースの横幅を気にすることなく走行することができます。

後ろはキャリアから多少はみ出ますが、これも道路交通法や走行上問題ありません。

GIVIのトップケースの横の姿

もう少し大きなケースにしようとも考えましたが、見た目はこれくらいがスマートで個人的には気に入ってます。

ケースの外側はゴツゴツした装飾や凹凸はないので、他との干渉も気になりません。

GIVIのトップケースの斜め前から見た姿

蓋の後ろには反射板がついています。

GIVIのトップケースの上から見た姿

ケース全体の色もアドレス125と違和感がないのも購入の決め手でした。

容量

蓋は直角まで開きます。

GIVIのトップケースの蓋を開けた状態

繰り返しますが、このケースの容量は35Lです。

半ヘルとフルフェイスヘルメット(エアロブレード5のLサイズ)は単体ならそれぞれ余裕で入ります。

半ヘルを横にすれば両方入りました。

GIVIのトップケースにヘルメットを収納

2Lと600mlのペットボトルも1本ずつなら余裕です。

GIVIのトップケースにペットボトルを収納

ただし積載上限は3kgだそうです。

ケース底の突起には多少干渉しますが、A4サイズのクリアケースも入ります。

GIVIのトップケースにクリアケースを収納

2年半使った感想

アドレス125に取り付けてからこれまで約2年半、不具合はなく便利に使っています。

特にアドレス125はシート下のトランクが浅く、かさばる荷物やヘルメットを収納しにくいので助かります。

また造りがしっかりしているため、ベースがガタついたり蓋がゆるくなったりという気配はなく、耐久性にも優れています。

ただ、完全防水ではありません。

雨などに濡れるとケースの中も少し濡れてしまいます。

そのくせ気密性は高く、蓋を閉めたままだと数日経っても中の水分は蒸発しません。衛生的にも都度拭いた方がいいでしょう。

といっても、面倒なのはそれくらいです。

やはり買って良かったと思っています。

壊れるまで使いたい、というかアドレス125が先に壊れそうなので、別のバイクに乗りかえても使っているような気がします。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次