当ページには広告が含まれています。

【ヘッドホン】Anker Soundcore Life Q30のイヤーパッドを交換する

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFE 30」の新旧のイヤーパッド
  • URLをコピーしました!

この前、Ankerのワイヤレスヘッドホン「Soundcore Life Q30」のイヤーパッドが破れてしまいました。

ということで、交換用のイヤーパッドを購入。

今回はその交換作業の模様をお伝えします。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

交換用イヤーパッド購入

今回の内容についてはYouTubeに動画もアップしているので、よければこちらもご覧ください。

このSoundcore Life Q30を購入したのは約1年前。品質・性能に関しては大満足です。

ちなみに当時のレビュー動画はこちら。

この動画で「イヤーパッドは交換できない」と述べましたが、どうやら交換できることがわかりました。すみません。

購入した交換用イヤーパッドはこちらです。

イヤーパッド交換前の状態

約1年間、ほぼ毎日使用したことで、縫い目が破れて中のスポンジが丸見えとなりました。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFE Q30」の破れたイヤーパッド

聴くことはできますが、レザーの黒いカスがボロボロこぼれるので不衛生です。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFE Q30」の破れたイヤーパッドの黒いカス

交換用イヤーパッドの開封

紙箱に素の状態で入っていました。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFE Q30」の交換用イヤーパッドを開封

内容はイヤーパッドのみで、説明書の類はありません。

純正品ではないと思いますが、外観は同じです。

厚さも同じ。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」の交換用イヤーパッドの厚さ
純正品(左)と交換用(右)

感触もほぼ同じで、明確な差は感じられません。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFE Q30」の交換用イヤーパッドの感触
交換用(左)と純正品(右)

裏側はこんな感じです。ここも違いはありません。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」の交換用イヤーパッドの裏側

このパッドの穴に本体のツメをそれぞれはめ込んで装着するという構造のようです。

イヤーパッド交換作業

まず破れたイヤーパッドを外しますが、手で少し引っ張っただけではビクともしません。

無理にひっぺがそうとしてもツメが折れるのがオチだと思うので、ヘラを使います。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」のイヤーパッドとヘラ

このヘラは確か100円ショップで売っていたシール剥がしに付属していたものです。

ツメのだいたいの位置にアタリを合わせて、これをイヤーパッドと本体の境目に挿します。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」のイヤーパッドのツメを外す

テコの原理でヘラを軽くねじ込むと、「パコッ」と音がしてツメが外れます。

そしてそのままヘラをスライドさせれば他のツメも外れていきます。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」のイヤーパッドのツメを全部外す

中にはスポンジのような緩衝材がありました。

イヤーパッドを外したAnkerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」

せっかくなので掃除します。ハケでホコリを除くだけですが。

イヤーパッドを外したAnkerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」を掃除する

再び緩衝材をはめて、新しいイヤーパッドを装着します。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」に緩衝材をはめる

今度は手で押し込むだけでツメは簡単にはまります。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」の交換用イヤーパッドをはめる

全てのツメをはめ込んだら終わりです。反対側も同様に装着します。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」のイヤーパッド交換完了
交換完了

イヤーパッド交換後の変化

実際にヘッドホンを頭に装着してチェック。

つけ心地・ノイズキャンセリングの効き具合・音質も、やはり以前との変化は感じませんでした。

Ankerのヘッドホン「Soundcore LIFEQ30」の交換したイヤーパッドの確認
バカ耳のせいもある

とにかく、無事に以前の状態に戻りました。これで完全に壊れるまでヘッドホンを使い倒すことができそうです。

これに前回お伝えした同じAnkerのワイヤレスイヤホン「Space A40」も加入。ひきこもりグッズがさらに充実しました。

AnkerのSoundcore「LIFEQ30」と「Space A40」

今後は気分次第で使い分けていきたいと思います。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次