当ページには広告が含まれています。

SpigenのガラスフィルムとケースをiPhone SE2に装着した

シュピゲンのケースとガラスフィルムとiPhone SE2
  • URLをコピーしました!

先日、iPhone SE第2世代の割れたガラスを交換してもらい、Spigenのガラスフィルムとケースを装着しました。

またダイソーの「ラウンドワイヤレスチャージャー」も購入。ワイヤレス充電も試しました。

今回はそれらの装着の模様や使い勝手などをお伝えします。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

ガラスが割れたiPhone SE2

今回の内容についてはYouTubeに動画もアップしているので、よければこちらもご覧ください。

私は現在iPhone SE第2世代を使っています。下図はガラス交換前の状態。

ガラスが割れたiPhone SE2

YouTubeの撮影やUber Eats の配達で落としてバキバキに割ってしまいました。

特に左上角は中身が少し見えています。酷い。

幸い背面は無事です。

保護フィルムとケースも酷い有様です。

iPhone SE2の割れた保護フィルム
保護フィルム
iPhone SE2の割れたケース
プラケース

この2つでは保護しきれなかったので、新たに購入した以下の物に交換します。

シュピゲンのスマホケースとガラスフィルム

ガラスを交換してもらう

その前に、スマホの修理屋さんにガラスを交換してもらいました。

ガラスを交換したiPhone SE2

液晶の色が少し薄くはなりましたが、バキバキよりはるかにマシです。見違えました。

私が行った店の交換料金は「標準」のガラスが6980円、「ハイグレード」が12980円でした(いずれも税込価格)。

私は標準を選びました。

最初は修理キットを購入して自力で交換しようと思いましたが、YouTubeでその作業の動画を見たところ、素人には難しそうだったのであきらめました。

Spigenのガラスフィルムを貼る

最初にガラスフィルムを貼ります。用意したのはこちら。

シュピゲンのガラスフィルムの「アライン・マスター」

Spigen(シュピゲン)の「ALIGN master(アライン・マスター)」です。

これはiPhone SE第2世代と第3世代、またiPhone7と8に使えるようです。

付属品は以下のとおり。

  • ガラスフィルム2枚
  • ガイド枠
  • ヘラ
  • クロス
  • ウェットシート2枚
  • ホコリ取りシール2枚
  • 取扱説明書

まずiPhoneのガラスの汚れをウェットシートとクロスで拭き取り、ホコリ取りシールでホコリを除きます。

私はホコリだけ取り除きました。

ガイド枠をiPhoneにはめ込み、ガラスフィルム裏面のフィルムをはがします。

iPhone SE2にガラスフィルムの枠をはめる

あとはガイド枠内にガラスフィルムを置くだけ。間違いようがありません。

表面のシールの矢印に沿って指でガラスフィルムを押しつけ、気泡を押し出します。

iPhone SE2にガラスフィルムを貼る

ガイド枠を外し表面のシールをはがしたら、小さな気泡をヘラで押し出します。

iPhone SE2のガラスフィルムの気泡を押し出す

ほぼ完璧に貼ることができました。

シュピゲンのガラスフィルムは貼ったiPhone SE2

iPhoneの操作も問題ありません。

ゲームでシビアな操作をするならともかく、普段使いで支障を感じることはないかと思います。

このガラスフィルムの硬度は9Hで、はっきり段差を感じる厚みがあります。

シュピゲンのガラスフィルムの「アライン・マスター」の厚さ

ただiPhoneのガラスの角まで覆ってはいないので、次にケースも装着します。

Spigenのタフ・アーマーを装着

ケースは同じくSpigenの「TOUGH ARMOR(タフ・アーマ)」です。

シュピゲンのケース「タフ・アーマー」

iPhone SE第2世代と第3世代用です。

背面パネルはポリカーボネート、インナーケースはTPU(熱可塑性ポリウレタン)で、着脱することができます。

シュピゲンのケース「タフ・アーマー」の外装と内装

この二層構造に「エクストリームインパクトフォーム」を追加した三重の構造ということで、その名のとおり重厚で頑丈な印象を受けます。

背面パネルに反してインナーケースは柔らかいため、iPhoneへの装着は苦ではありません。

シュピゲンのケース「タフ・アーマー」を装着したiPhone SE2

同じメーカーなので当然ですが、ガラスフィルムにも干渉しません。

ただ、ガラスフィルムとケースの間が2mmほど空きます。

といっても、ケースの縁が高くiPhoneの角も保護されているので、それほど気にすることではないと思いますが。

質感は滑らず引っかからずで絶妙な手触りです。

シュピゲンのケース「タフ・アーマー」を装着したiPhone SE2を持つ

装着する前はケースの厚さが気になりましたが、逆に手に馴染んで私には持ちやすい。

以下は側面の図。ケースの厚さは約1cmです。

シュピゲンのケース「タフ・アーマー」の厚さ
電源ボタン側
シュピゲンのケース「タフ・アーマー」の底面
スピーカー側
シュピゲンのケース「タフ・アーマー」の左側面
音量ボタン側

サイレントスイッチが少し切り替えにくいだけで、その他のボタン操作はまったく問題ありません。

背面もカメラはちゃんと保護されています。

シュピゲンのケース「タフ・アーマー」の背面

ケースが厚いのでカメラが深い。

スタンドは爪が短いと起こしにくい。

シュピゲンのケース「タフ・アーマー」のスタンド

スタンドでiPhoneを立てるとこんな感じです。YouTubeの視聴などにいいかもしれません。

シュピゲンのケース「タフ・アーマー」のスタンドを立てる

ライトニングケーブルを試す

前回紹介した3COINS(3コインズ)のライトニングケーブルを試します。

3コインズのライトニングケーブル

税込330円という安さですが、このケースでは完全に挿すことはできません。

3コインズのライトニングケーブルをiPhone SE2に挿入する

充電もできません。

下図の左が3COINSで、右が完全に挿せるケーブルです。

3コインズのライトニングケーブルの端子

このように端子の根元が太いと、このケースではつっかえるようです。

バイクのスマホホルダーを試す

次にバイクのスマホホルダーを試します。

カエディアのスマホホルダー

用意したのはKaedear(カエディア)のワイヤレス充電スマホホルダー。

サイズは問題なく、上図のようにしっかりと装着することはできます。

ただしケース背面の穴のせいで、ホルダーの脚を閉じるボタンを押すことができません。

カエディアのスマホホルダーのボタン

幸か不幸か、私のはボタンが壊れていて脚が自動で戻るため装着に困ることはありませんが。

バイク乗りの方はご注意ください。

ダイソーのワイヤレス充電器を試す

ワイヤレス充電も試します。

ダイソーのラウンドワイヤレスチャージャー

ダイソーの「Round Type Wireless Charger ラウンドワイヤレスチャージャー」です。

税込1100円でした。

前述のスマホホルダーは充電機能が壊れて使えないためこれを購入。

付属のUSB Type-Cケーブルを接続して、タフ・アーマーを装着したiPhoneを置いてみました。

ダイソーのワイヤレスチャージャーにiPhone SE2を置く

反応した、と思ったのも束の間、iPhoneの充電マークが消えてしまいました。

スタンドを立てても反応はいまいちです。

ダイソーのワイヤレスチャージャーのスタンドを立てる

充電することはできますが、何度もiPhoneを置き直すのが面倒です。

裸のiPhoneで試したところ反応はよくなったので、おそらくケースの厚さが関係しているかと思われます。

Spigenのウルトラ・ハイブリッド2を装着

ということで、別のケースも試します。

シュピゲンのケース「ウルトラ・ハイブリッド2」の付属品

これもSpigenの「ULTRA HYBRID2(ウルトラ・ハイブリッド2)」というものです。

iPhone SE第2世代と第3世代用です。

購入時はAmazonベストセラー1位でした。

こちらは背面に穴は空いていませんが、全面がクリアです。

シュピゲンのケース「ウルトラ・ハイブリッド2」の背面

材質はポリカーボネートと熱可塑性ポリウレタンということで、タフ・アーマーと同じです。

縁の高さやガラスフィルムとの間もタフ・アーマーとほぼ同じです。

シュピゲンのケース「ウルトラ・ハイブリッド2」を装着したiPhone SE2

タフ・アーマーより一回り小さい感じはしますが、側面の感触も同じです。

以下は側面の図。ケースの厚さは約9mmです。

シュピゲンのケース「ウルトラ・ハイブリッド2」の電源ボタン側
電源ボタン側
シュピゲンのケース「ウルトラ・ハイブリッド2」の底面
スピーカー側
シュピゲンのケース「ウルトラ・ハイブリッド2」の音量ボタン側
音量ボタン側
シュピゲンのケース「ウルトラ・ハイブリッド2」の天辺
上側

ボタンの類も問題なく操作できます。

タフ・アーマーほどの厚さはありませんが、カメラの保護も充分です。

iPhone SE2に装着したシュピゲンの「ウルトラ・ハイブリッド2」の背面

背面は硬く、強度も問題なさそうです。

クリアなので指紋は目立ちますが。

ライトニングケーブルを試す

タフ・アーマーとは違い、ウルトラ・ハイブリッド2では3COINSのライトニングケーブルを挿すことができました。

シュピゲンの「ウルトラ・ハイブリッド2」を装着したiPhone SE2にライトニングケーブルを挿す

もちろん充電もできます。

バイクのスマホホルダーを試す

件のカエディアのスマホホルダーにもしっかりと装着できます。

シュピゲンの「ウルトラ・ハイブリッド2」を装着したiPhone SE2とスマホホルダー

背面が平らのウルトラ・ハイブリッド2なら、ホルダーのボタンも押せます。

ダイソーのワイヤレス充電器を試す

続いてダイソーのワイヤレス充電器を試しました。

シュピゲンの「ウルトラ・ハイブリッド2」を装着したiPhone SE2をワイヤレス充電器に置く

スタンドを立てた方が反応しやすいようです。

ですが、タフ・アーマーほどではないものの、このケースでも反応しないことがあります。

なんにせよケースを装着していると反応が鈍くなるのか、それともこの充電器の性能がいまいちなのかは分かりません。

慣れているせいもありますが、個人的にはライトニングケーブル直挿しで充電した方が簡単なような気がします。

保護フィルムとケースは良い物を使う

シュピゲンのケース2つとiPhone SE2

今回得た教訓は、「スマホの保護フィルムとケースは最初から良い物を使った方がいい」ということです。

当たり前のことのようですが、私はガラスがここまで簡単に割れるとは思っていませんでした。

薄っぺらく保護範囲も狭いものだとやはり駄目だということが分かりました。

その点、これらSpigenのガラスフィルムとケースはいずれも衝撃に強そうで頼もしい。

感触や使い心地も良好です。

まだ数日しか装着していませんが、今後の経過もいずれお伝えできればと思っています。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次