当ページには広告が含まれています。

アドレス125にナックルガードを取り付けた話

アドレス125のナックルガード
  • URLをコピーしました!

冬のバイクは素のグローブだけでは寒い。

ということで、2年前(2021年)に原付二種スクーターのアドレス125にナックルガードを取り付けました。

今回はその取り付けや効果についてお伝えします。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

ナックルガード購入

今回の内容についてはYouTubeに動画もアップしているので、よければこちらもご覧ください。

取り付けたのはこちらのナックルガードです。

購入したのは4年前(2019年)で、当初は50ccのアドレスV50に取り付けて使っていました。

付属品は以下のとおりです。

オートバイ用ナックルガード
  • ナックルガード
  • 台座の鉄板
  • ゴム製ガスケット
  • ネジとナット

適合車種は不明ですが、これをアドレス125に流用することにしました。

ナックルガードと「風超®」

ナックルガードの材質はプラスチックで、特に重厚でもなくペラペラでもありません。

難点(?)は左右それぞれに「風超®」のロゴがあることです。

ナックルガードのロゴ
「風超®」

幸い、色は付いていないので遠目には目立たないのが救いですが、気になる人には気になるかと思います。

私はそのままにしましたが…

どうしても気になるという場合は、削ったりシールを貼ったりして隠すことができそうです。

サイズと重量

ナックルガードのサイズは、横幅が約21cm。

ナックルガードの横幅

高さが約18.5cm。

ナックルガードの高さ

奥行が約14.5cm。

ナックルガードの奥行

台座の車両側の一辺は約4cm。

ナックルガードの鉄板の車両側のサイズ

ナックルガード側の横幅は約8cm。

ナックルガードの鉄板の横幅

片方の総重量は約213gでした。

ナックルガードの重量

取り付け

アドレス125にナックルガードを取り付けるには、プラスドライバーと14mmのレンチを使います。

プラスドライバーとレンチ

ミラーの締め方は下の記事をご参照ください。

ちなみに、今回はこちらのクランプバーも左右に共締めします。

まずミラーを外し、ナックルガードとクランプバーの台座の取り付け位置を確認します。

ナックルガードの台座の位置を確認する

アドレス125の場合、ナックルガードの台座は上図の右上の穴を用います。

クランプバーはバーの部分を外しておくと作業が楽になります。

ミラーステーをそれぞれの穴に通して共締めします(仮締めにしておきます)。

ナックルガードのガスケットの位置を確認する

ガスケットは台座の下の穴に合わせます(上図矢印部分)。

ネジ2本をナックルガード・ガスケット・台座のそれぞれの穴に通します。

ナックルガードにネジを通す

反対側からナットを締めます。

ナックルガードのネジを締める

ラチェットハンドルとソケット(10mm)でナットを固定してドライバーでネジを回すと楽です。

クランプバーのバーも忘れずに取り付けます。

グリップやブレーキレバーを握って、それぞれ干渉しないように位置を調整します。

ナックルガードの位置を調整する

問題なければミラーステーを本締めします。

もう片方も同様に取り付けたら完了です。

ナックルガードを取り付けた

アドレス125にも無加工で取り付けることができました。

ナックルガードの横のアングル

実走とその効果

運転ももちろん問題はありません。

ナックルガードを取り付けてグリップを握る

ですが、劇的な防寒効果はあるかというと、それほどではありません。

ナックルガードを上から見たところ

正面からの風はともかく、上下左右からの風は思った以上に感じます。

素手での走行は寒くて無理でした。

また雨よけとしては、小雨なら手先は防げる程度です。

防御力をアップさせたい場合は、こちらのロングバージョンのものがいいかと思います。

あとは風雨だけでなく、道路にまで伸びた草木を防ぐことができます。

路肩を走る際、それらが手にビシバシ当たることもあるので重宝するかもしれません。

ナックルガードを後ろから見たところ

ともかく、廉価ではあるので試すには手頃かと思います。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次