当ページには広告が含まれています。

【バイク】エアロブレード5のミラーシールドのレビュー【OGKカブト】

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のミラーシールド
  • URLをコピーしました!

前回はOGKカブト(OGK KABUTO)のフルフェイスヘルメット「エアロブレード5(AEROBLADE5)」を2年半使用した感想を述べました。

今回はそのエアロブレード5購入直後に取り付けたミラーシールドについてお伝えします。

これからバイクのヘルメットにミラーシールドを取り付けようか考えているかたのご参考になれば幸いです。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

ミラーシールドの購入日と価格

今回の内容についてはYouTubeに動画もアップしているので、よければこちらもご覧ください。

YouTubeを始めたばかりで、気合いが空回りして目障りな演出がありますが、何卒ご容赦ください。自分でも正視に耐えない。

それはともかく、購入したミラーシールドはこちら。

エアロブレード5の純正品で、品名は「DAF-1 ミラーシールド」。

カラーは「ブルーミラー」です。

ヘルメットのサイズの指定はないので、全サイズに適合するようです。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のミラーシールドのタグ

私のLサイズのエアロブレード5には問題なく装着することができました。

エアロブレード5を購入した2日後に同じ店で購入しました。2年半前のことです。

エアロブレード5が気に入ったため、はやる気持ちをおさえて買いに行ったことがわかります。

購入理由はYouTubeを始めるので顔を隠すためです。あとなんとなくカッコいいから。ミーハーにも程がある。

価格は税込みで7150円。エアロブレード5と合わせると38830円。

やはりヘルメット類は高い。ヘルメット購入時にクリアシールドにかえて標準で好きなシールドを選べるようにしてほしい、と思う。

エアロブレード5のシールド脱着方法

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」の標準装備品

ミラーシールドを取り付けるには、まずエアロブレード5標準装備のクリアシールドを外す必要があります。

作業は素手だとシールドに指紋がつきやすいので、手袋をするのをおすすめします。

特に新品に指紋がべっとりつくと萎えます。

汚れを拭くには、メガネに使うマイクロファイバーのクロスが傷をつけずに済むのでいいかと思います。

ティッシュやトイレットペーパーを使うのはやめた方がいいでしょう。

注意点は、シールドの脱着に力はさほど必要ないということです。

力を入れても脱着できない場合は、力を入れる向きがちがう可能性があり、強引にやると破損のおそれがあります。

シールドの外し方

シールドを一番上まで上げます。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のシールドを全開

リリースボタンを先端方向(下図矢印)に押しながらシールドを同じ方向に引きます。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のシールドのリリースボタン

すると簡単に外れます。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のシールドが外れた

反対側も同様に外します。

シールドの取り付け方

次に新たに購入したミラーシールドを取り付けます。

当然クリアシールドと構造は同じなので、脱着方法も同じです。

わかりやすいようにクリアシールドにて説明します。

まずシールドのツメを、ヘルメットのラチェットの一番上のくぼみにはめ込みます。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のシールドのツメ
このツメを…
フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のラチェットのくぼみ
このくぼみにはめ込む

次にシールドのリリースボタン裏にあるツメをラチェット中央部のくぼみ(下図矢印)にはめ込みます。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のラチェットの穴

そのままリリースボタンを押し込めば、パチッと音がして自然にシールドを取り付けられます。

上から見るより、横から隙間を見ながらの方がやりやすいかと思います。

反対側も同様に取り付けます。

最後に何度かシールドを開閉して、ちゃんと取り付けられたか確認します。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のミラーシールド装着
取り付け完了

簡単で拍子抜けしました。

エアロブレード5に限らず、現在のちゃんとしたヘルメットなら同様に簡単だと思います。

ミラーシールドを使用して…

以下このミラーシールドを2年半使った感想を述べます。

走行レビューはすべて原付二種スクーターのアドレス125によるものです。

またしても閉まり切らない…

クリアシールド同様、またしても中央部のツマミが一発ではまりません。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のミラーシールドの中央のツマミ

前回の記事でも触れましたが、ヘルメットのホルダーにパコッとハマッたように見えても、たいてい次の瞬間少し外れてしまいます。

なんなんコレ…

外れた場合、閉じ切るまで二度三度ツマミを押し込むか、あきらめてそのまま走行しています。

これを「仕様」というにはおかしい。個体差だとすると連続でババをつかんだことになります。

5以外のエアロブレードシリーズも同様なのでしょうか。実害はないので気にしないことにしていますが。

いや、やはり気になるっちゃ気になる。

外観

遠目からはシールドの内側はほとんど見えません。

目と鼻の先まで近づけば、うっすらと顔は見えますが、親しい者同士でないかぎりそのような機会はないかと思います。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のミラーシールド接写
これくらい近づけば…

ひとりでバイクに乗るならそういった心配は無用です。

このミラーシールドの色は他にシルバーやダークシルバーがあるようですが、ブルーはフラットブラックのヘルメットに違和感なく合います。

見た目に関してはブルーにして良かったと個人的に思っています。

内側からの見え方

内側から見るとこんな感じです。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」のミラーシールドの内側からの見え方

私にとって初めてのミラーシールドということで、もっと暗く見えると思っていたのですが、そうでもありませんでした。

晴天の日中はなんら問題なく快適に走行することができます。

当然まぶしさは軽減されます。

ミラーシールドに慣れたあとクリアシールドに変えると、まぶしさの違いを実感できます。

下図はYouTubeで初めて屋外撮影したときの一コマです。

フルフェイスヘルメット「エアロブレード5」にミラーシールドを装着してのトンネル走行

夜間は、電灯に照らされている舗装された道なら特に問題は感じません。トンネルも大丈夫です。

逆に電灯の少ない道や砂利道はやはり視界が悪くなるので危険です。

慣れない道のツーリングなどで不安な場合は、クリアシールドを携行して都度取り替えるのがいいかもしれません。

あと、雨ではクリアシールドだろうがミラーシールドだろうが曇ります。

ミラーシールドは暗いぶん余計見えづらく、強雨だと日中でも危険を感じます。

雨の日はクリアシールドにかえた方が安全です。

以上、まぶしさ軽減の効果は大きく、買ってよかったと実感していますが、値段が高いので強いて理由がなければ必要ではない、というのが2年半使ってみての感想です。

どちらにせよ、曇り止めのピンロックシートはつけた方が安全です。

次回はそのピンロックシートについてお伝えします。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次