当ページには広告が含まれています。

ConoHa WINGでWordPressのブログを始める方法

青空と雲と人間の手
  • URLをコピーしました!

レンタルサーバー「ConoHa WINGコノハウィング)」の契約申し込みからWordPressのインストールまでの方法を解説します。

実際の申し込み画面を交えて一つひとつ手順を載せていきます。

ちゃんとブログを開設できるかな…

と不安の方も、この解説どおりに進めれば、WordPressのブログを始めることができるようになるはずです。

WordPress初心者の方のご参考になれば幸いです。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

メールアドレスとパスワードを入力しよう

まず、ConoHa WING公式サイトを開きます。

ConoHa WINGのトップページ

\公式サイト/
ConoHa WING

右上の「お申し込み」をクリックします。

今回は「一からWordPressでブログを始める」という前提で、左側の「初めてご利用の方」から申し込みます。

ConoHa WINGの「初めてご利用の方」の画面

メールアドレスを2回入力します。Gmailでも大丈夫です。

ConoHa WINGのメールアドレス入力画面

パスワードを入力します。

ConoHa WINGのパスワード入力画面

「提案されたパスワード」を使用することもできます。

メールアドレスとパスワードは今後ConoHa WINGの管理画面へのログインに使用します。

以降、その他の情報も念のため控えておいた方がいいでしょう。

エラーなどが起きた際、解決するにはそれらの情報が必要な場合があるからです。

その下の「次へ」をクリックします。

次の画面が表示されるまで時間がかかるかもしれませんが、何もいじらずに待ちましょう。

契約プランを選択しよう

プラン選択画面が表示されます。

ConoHa WINGのプラン選択画面

まず「料金タイプ」「契約期間」「プラン」を選択します。

ConoHa WINGのプラン選択画面

WINGパック」で長期契約するほど割安になります。

その下の「初期ドメイン」は独自ドメインのことではありません。ほとんど使うことはないのでテキトーで構いません。

ConoHa WINGの初期ドメイン名

サーバー名」も自由に入力できますが、最初から表示されているもので大丈夫です。

独自ドメインとサイト名(ブログタイトル)を決めよう

その下の「WordPressかんたんセットアップ」は「利用する」を選択します。

ConoHa WINGのかんたんWordPressセットアップの画面

上図に記載のとおり、独自ドメイン・WordPress・テーマ・SSLをまとめて設定することができます。
初心者は利用しない手はありません。

セットアップ方法」は「新規インストール」を選択します。

独自ドメイン設定」で希望のドメイン名とトップレベルドメインを入力・選択して「検索」をクリックします。

他に同一のドメインがなければ取得することができます。画面左下に「成功しました」と表示されます。

ConoHa WINGのドメイン取得の画面

独自ドメインは後で変更することができません。後悔しないものにしましょう。

独自ドメインについては下の記事で解説しています。

作成サイト名」「WordPressユーザー名」「WordPressパスワード」を入力します。

ConoHa WINGのサイト名の入力画面

WordPressユーザー名とパスワードはWordPressの管理画面へのログインに使用します。

作成サイト名(ブログタイトル)とWordPressパスワードはあとで簡単に変更することができますが、WordPressユーザー名の変更はけっこう面倒なのでここで決めましょう。

また、ブログ開設後は自身の「ニックネーム」を名付けます。

ニックネームからWordPressユーザー名が推測されないよう、ニックネームとユーザー名はまったく別の名称にした方がいいでしょう。

ブログ開設後の初期状態ではWordPressユーザー名とニックネームは同じになっていて、セキュリティ対策のため後でニックネームを変更することになります。

その下の「WordPressテーマ」では記載の有料テーマを割安で購入することができます。

ConoHa WINGのWordPressテーマの選択画面

私は別の有料テーマ「SWELL」を購入したので、ここは何も選択しませんでした。

テーマのインストールはさほど難しくはありません。
後で行っても全く問題はないので、ここはスルーしても大丈夫です。

すべて入力・選択すると、画面右に合計の金額が表示されます。

ConoHa WINGの契約料金の画面

再度確認して「次へ」をクリックします。

「お客様情報」を入力しよう

お客様情報入力」画面で以下の情報を入力・選択します。

ConoHa WINGのお客様情報入力画面

画面右の「次へ」をクリックします。

ConoHa WINGの契約料金の画面

SMS/電話認証」画面が表示されます。本人確認のためSMSか電話で認証を行います。

ConoHa WINGのSMS認証画面

認証に使う電話番号を入力して、「SMS認証」か「電話認証」のいずれかを選択します。

SMS認証の場合、入力した電話番号あてに送られてきた認証コードを入力して「送信」をクリックします。

ConoHa WINGのSMS認証画面

支払いをして申し込もう

お支払い方法」の画面が表示されます。

下図はクレジットカード払いの画面です。

ConoHa WINGのクレジットカード払いの画面

下図はConoHaカード/デビュー割での申し込み画面です。こちらは事前に購入する仕組みのようです。

ConoHaカードの支払いの画面

私はデビットカードで支払いたいのですが、その項目はありません。

試しにクレジットカード払いの画面にデビットカードの情報を入力しました。

支払いの情報を入力したら、その下に記載の申し込み内容を確認して「お申し込み」をクリックします。

ConoHa WINGの申し込みボタン

WordPressがインストールされた

WordPressをインストールしました!」の画面が表示されます。

デビットカードでも支払うことができました。

ConoHa WINGのWordPressインストール完了画面

WordPress・データベース情報」も控えておきます。

「管理画面」の「サイトURL+wp-admin/」がWordPressの管理画面へのログインURLとなります。

WordPressの管理画面のURLは他人でもアクセスすることができ、WordPressユーザー名とパスワードが漏れると誰でもログインできてしまいます。
セキュリティ対策のため、誰も知らないURLに後で変更することが可能です。

ちなみに私もすでに変更しています。

また、上図の画面とともに、画面左下に下のようなメッセージが表示されます。

ConoHa WINGのWordPressインストール完了のメッセージ

確認したら、さきほどの画面の「閉じる」をクリックします。

ConoHa WINGのWordPress情報画面を閉じるボタン

自分のサイトを確認してWordPressにログインしよう

ConoHa WINGの管理画面が表示されます。

ConoHa WINGの管理画面

最初は左メニューの「サーバー管理」画面にて、自分のサーバー名とステータス(「起動中」)が表示されています。

次に左メニューの「サイト管理」画面を選択して、「>」をクリックします。

ConoHa WINGのサイト管理画面

すると、自分のサイトの初期状態が表示されます。

ConoHa WINGの管理画面のサイトの初期状態

サイトURL」のURLをクリックして自分のサイトを開きます。

自分のサイトの最初の状態

ちゃんと自分のサイトが表示されました。

生まれたての自分のブログです。おめでとうございます。

産みの苦しみは無かったね。

次はWordPressの「管理画面URL」をクリックします。

WordPressの管理画面のURL

WordPressの管理画面へのログイン画面が表示されます。

WordPressのログイン画面

ここに契約時に設定したWordPressのユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

WordPressの管理画面が表示されます。

WordPressの管理画面

ここから記事の作成やブログのカスタマイズを行います。

とりあえず今は使わないので閉じても大丈夫です。

SSL化を確認しよう

次にSSL化されているか確認します。

SSL化とは簡単にいうと暗号化のことで、自サイトの情報が漏れるのを防ぐためのセキュリティ対策です。

さきほど表示した自分のサイトのURL欄には「保護されていない通信」と表示されていました。

保護されていない通信

これはまだSSL化されていない状態を意味します。

さきほどのConoHa WINGの「サイト管理」画面を見ると、「かんたんSSL化」がまだ有効化されていません。

ConoHa WINGの管理画面のサイトの初期状態

私の場合、20分ほどでSSL有効化になりました。

ConoHa WINGのSSL有効化

SSL有効化」をクリックすると、画面左下に「成功しました」のメッセージが表示されます。

ConoHa WINGのSSL化成功のメッセージ

再度自分のサイトを表示させると、URL欄の冒頭にカギのアイコンが表示されて、URLも「http://」から「https://」に変わっています。

SSL化されてURLがhttpsになった

同じくConoHa WINGの「サイト管理」画面の「サイトセキュリティ」をクリックします。

ConoHa WINGの独自SSLの利用設定ON

無料独自SSL」の項目を開くとSSLの「利用設定」がONになっていることがわかります。

これにてSSL化の設定は完了です。

支払いとメールを確認しよう

ConoHa WINGの管理画面右上に表示されているメールアドレスをクリックするとメニューが現れます。

請求履歴」をクリックします。

ConoHa WINGのメールアドレスの項目

ここから請求履歴と入金履歴が確認できます。

「支払ステータス」にて契約料金の「入金確認済み」を確認できます。

ConoHa WINGの請求履歴

今度はメールを確認します。

契約時に設定したメールアドレスにConoHa WINGからメールが届いています。

ConoHa WINGから届いたメール

登録確認のメールでは「ConoHaアカウント」が確認できます。

ConoHa WINGの登録確認メール

ドメイン取得完了のメールではWhois情報が確認できます。

ConoHaのwhois情報

自分の個人情報は登録されていないので安心です。

また、さきほどのメニューから「契約一覧」をクリックします。

ConoHa WINGのメールアドレスの項目

ここで契約内容が確認できます。

ConoHa WINGの契約一覧画面

契約プランから独自ドメイン取得・Whois代行・SSL化について記載されています。

また、自動更新予定日や自動更新設定のON・OFFが確認できます。

最後に「支払設定」をクリックします。

ConoHa WINGの支払設定メニュー

ここでConoHaチャージやクレジットカードの登録ができます。

ConoHa WINGのクレジットカード情報の画面

一応、デビットカードの登録を試みたところ失敗しました。

ConoHa WINGのデビットカード登録失敗メッセージ

やはりデビットカードは契約料金の支払いはできますが、登録はできないようです。

ブログ開設完了

以上でConoHa WINGの契約からWordPressのインストール・SSL化まで完了です。

これでブログを開設することができました。

本当に簡単だったね。

このあとはWordPressの初期設定を行います。

コーヒーでも飲んでいったん休憩しましょう。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次