当ページには広告が含まれています。

【WordPress初心者向け】独自ドメインとは?【メリットや付け方】

ドメインの文字と人間の模型
  • URLをコピーしました!

WordPressのブログの開設に必要なものは以下の3つです。

  • 独自ドメイン
  • サーバー
  • WordPress

今回は「独自ドメイン」について掘り下げたいと思います。

独自ドメインって何? どこでもらえるの?

という方に向けて独自ドメインの意味や取得などについて解説します。

WordPressでブログを始める初心者の方のご参考になれば幸いです

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

ドメインとは?

ドメイン」とは、簡単にいうと「インターネット上の住所」です。

たとえば当ブログのURL「https://koishiken.com」の場合、「koishiken.com」の部分がドメインとなります。

独自ドメイン名

インターネットの世界で、訪問者は行きたい住所にアクセスします。

そして「サーバー」という土地に保存してある情報を元にして表示されたウェブサイト(ブログ)を閲覧する、という仕組みになっています。

なので、ドメインはブログ開設に必須のものとなります。

WordPressのブログの構成要素については下の記事で解説しています。

そして、ドメインは「独自ドメイン」と「共有ドメイン」のふたつに大きく分けられます。

独自ドメイン

独自ドメインとは個人や団体が独自に取得しているオリジナルのドメインです。

当ブログの場合、「koishiken.com」が丸々独自ドメインとなり、自分で自由に決めることができます。

独自ドメインの構成

共有ドメイン

一方、共有ドメインとはひとつのドメインを複数の人や団体が共有して使うドメインです。

私が利用していた「FC2」という無料ブログサービスの場合、たとえばURLは「http://koishiken.blog.fc2.com」となります。

この例では「blog.fc2.com」がFC2の独自ドメインとなります。

「koishiken」の部分は「サブドメイン」といいます。

共有ドメインの構成

無料ブログサービスでは、共有ドメインは無料で利用できますが、自分で決められるのはサブドメインのみです。

ブログサービスの独自ドメインは最初から割り当てられていて、利用者が自由にすることはできません。

無料ブログはマンションを間借りする感じだね。

逆に独自ドメインのブログは一戸建てといえるでしょう。

独自ドメインを取得するメリット

個人の初心者がWordPressでブログを始める場合、ほとんどがレンタルサーバーを借りて独自ドメインを取得するはずです。

レンタルサーバーが提供している共有ドメインもありますが、それらを使うのはおすすめしません。

なぜなら共有ドメインは、独自ドメインに比べてSEOや収益の点で不利だからです。

以下、独自ドメインのメリットと必要性を述べます。

メリット1:ドメインを維持できる

共有ドメインは提供元が所有しているため、それらのサービスが消滅してしまうとドメインも消滅してしまいます。

またサーバーを移転する際も、共有ドメインは手放さなければなりません。

ドメインを失うということは、ドメインパワーやGoogleの評価を失うということです。

その点、独自ドメインならそれらの影響を受けることはありません。

独自ドメインなら「ドメイン移管」といって、ドメインを管理している業者を変更することができます。

さらにサーバーを移転する際も、独自ドメインはそのまま維持することができます。

ブログがそれまで蓄積してきた実績や評価を維持することができるということです。

メリット2:SEOで有利

前述のように、独自ドメインはGoogleの評価を維持することができるためSEOで有利となります。

SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、検索結果の上位に表示されるための施策のことです。

またGoogleでは、検索結果に表示される同一ドメインのページは最大2件までとなっています(例外あり)。

検索結果の多様性が目的のようですが、同じドメインと見なされる無料ブログ(たとえばアメブロ)の場合はユーザー同士が競合してしまい不利となります。

その点、独自ドメインは自分だけのものなので他人の影響を受けることはありません。

メリット3:Googleアドセンスの審査に通る

多くの読者に訴求できる広告配信サービスの「Googleアドセンス」ですが、昔は共有ドメインでも審査に通ることができました。

ですが、現在はかなり厳しくなっているようです(というかほぼ無理)。

また無料ブログの場合、共有ドメインのままだとブログサービス側の広告が勝手に表示されることがあります(こちらに収益は入らない)。

最初から独自ドメインを取得するWordPressのブログならそのような心配はありません。

ただし独自ドメインでも、Googleアドセンスの審査基準を満たさなければ承認されません。
いずれにせよ良質なコンテンツ作りが重要となります。

独自ドメインを取得する方法

独自ドメインを取得するには主にふたつの方法があります。

レンタルサーバードメイン登録サービスのどちらかと契約して取得する方法です。

レンタルサーバーで独自ドメインを取得する

WordPressでイチからブログを始めます。

という初心者におすすめなのが、「サーバー契約すると独自ドメインがもらえる」レンタルサーバーを選ぶことです。

結論からいうと、初心者は「ConoHa WING」というレンタルサーバーを選べば間違いありません。

ConoHa WINGなら、サーバー契約すると独自ドメインが永久無料になるうえに、サーバーとドメインの紐づけからWordPressのインストールまで流れ作業で行えるようになるからです。

お得なうえにブログ開設の手間を省くことができます。

おすすめレンタルサーバーは下の記事でも解説しています。

ドメイン登録サービスで独自ドメインを取得する

もう一方は、ドメイン登録サービスと契約して独自ドメインを取得する方法です。

たとえば「お名前.com」や「ムームードメイン」といったサービスが有名です。

独自ドメインはそれらと契約して取得し、サーバーはレンタルサーバーと契約して、両者をそれぞれ紐づけることになります。

また、レンタルサーバーとドメイン登録サービスを運営しているのが同じ会社だと、サーバーとドメインの相性が良かったり紐づけが簡単だったりします。

ちなみに、ConoHa WINGとお名前.comはともに「GMOインターネット株式会社」が運営しています。

独自ドメイン取得にかかる費用

独自ドメイン取得にかかる費用も、主に「レンタルサーバー契約」と「ドメイン登録サービス契約」とのふたつに分かれます。

レンタルサーバーの「独自ドメイン永久無料」

「サーバー契約すると独自ドメインが無料で取得できる」レンタルサーバーの場合、当然ドメイン代は無料となります。

私は前述のレンタルサーバー「ConoHa WING」を3年契約していて、契約料金は合計23760円でした。

ひと月あたり660円です。

サーバーと独自ドメインがセットでこの低価格となるので、かなりお得かと思います。

ドメインの「取得」というより正確には「使用権」の保有なので、契約を更新し続ける必要があります。

くりかえしますが、初心者はこちらの方法で独自ドメインを取得した方が便利です。

ドメイン登録サービスの費用

次は、ドメイン登録サービスと契約して独自ドメインを取得する場合です。

たとえば、一般的な「○○○○.com」というドメインを「お名前.com」で取得・更新すると下表の料金がかかります。

お名前.comの「.com」の料金表
※2022年8月28日時点

レンタルサーバー同様、ドメイン登録サービスもキャンペーンを開催しています。

このお名前.comのケースだと、1人1個に限り「.com」と「.net」は2年登録1円で取得できます。

ただし更新は1000円以上かかるので、長い目で見ると、レンタルサーバー契約とセットで取得する方がお得かもしれません。

また「.com」や「.net」などの「トップレベルドメイン」は種類によって値段が変わります。

たとえば、日本固有のドメインを示す「.jp」や法人しか取得できない「.co.jp」は他より高額となります。

独自ドメインの決め方・名付け方

独自ドメインは末尾の「トップレベルドメイン」とその左側の「ドメイン名」に分かれます。

よく目にする「.com」や「.net」というのがトップレベルドメインです。

トップレベルドメインの.com

トップレベルドメインは数あるなかから選択し、ドメイン名の文字列は自由に決めることになります。

ただし、ドメインは住所と同じで世界にひとつだけなので、他と同じものは取得できません。

契約切れで失効したドメインは、他人でも取得できるようになるので要注意です。

また、ドメインはどんなものにするかブログ開設前にあらかじめ考えておいた方がいいかと思います。

取得時に焦ってあらぬものに決めてしまうと後悔するおそれがあるからです。

以下に注意してお気に入りのドメインにしましょう。

トップレベルドメインを選ぶ

トップレベルドメインは種類が多いのでどれにするか悩みがちです。

個人の初心者であれば「gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)」と呼ばれる、誰でも取得できるドメインを選ぶのがいいかと思います。

そのなかでも「.com」が一般的です。

私もとりあえずこれにしました。

gTLDは他に以下があります。

  • .net
  • .org
  • .biz
  • .info

ドメインでSEOに有利または不利になることはないので、迷ったら「.com」にすれば問題ありません。

ドメイン名を決める

ドメイン名を決める

ドメイン名は日本語にすることもできますが、SNSでシェアする際に文字化けしてしまうのであまりおすすめはしません。

他にも細かなルールはありますが、半角英数字と半角ハイフンを使って簡潔で意味の通じる文字列にすれば問題ありません。

前述のようにドメインでSEOに有利不利はありませんが、長すぎると見栄えが悪いし、意味不明な文字列はサイトになんの印象も与えません。

第一愛着がわかないね。

ブログタイトルや扱うジャンルを用いるのが一般的で良いかと思います。

この辺は好きなブログを参考にするのがいいでしょう。

ただ、ドメインは後で変更することができません。

ブログタイトルは変更可能なので、ブログタイトルや扱うジャンルが変わっても違和感のないドメイン名にするのも一つの手です。

私は自分のニックネームをドメイン名にしました。

これならブログがいくら迷走しようが問題はありません。

ドメインを決めたら検索しよう

なんとなくドメインを考えたら、検索して取得できるか確認してみましょう。

たとえば「ムームードメイン」のサイトを開きます。

一例として、ここでは私のドメイン名「koishiken」を検索窓に入力して検索します。

ドメインを検索する

するとそのドメインが取得できるか結果が表示されます。

上図の場合、「koishiken.com」はすでに私が取得しているので当然取得することはできません。

別のトップレベルドメインを使うか、まったく別のドメインにするかに判断が分かれます。

このように、希望のドメインが取得できるか確認して、実際の契約時に備えることができます。

独自ドメインまとめ

以上、独自ドメインについて解説してきました。

まとめると以下となります。

  • ドメインはブログ開設に必須。
  • ドメインは「独自ドメイン」と「共有ドメイン」がある。
  • WordPressでブログをやるなら独自ドメインが良い。
  • 初心者はレンタルサーバーの「独自ドメイン永久無料」のセット契約がおすすめ。
  • 個人は迷ったら「.com」で良い。
  • ドメイン名は半角英数字と半角ハイフンで短く簡潔に。

当記事が愛着のもてるドメイン取得の一助となれば幸いです。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次