当ページには広告が含まれています。

WordPressのブログの構成要素【始めるのに必要なもの】

wordpress.orgと書かれた帯
  • URLをコピーしました!

WordPressでブログを始めるには何が必要かを解説します。

昔より難易度は下がっているとはいえ、やはりWordPressでのブログの開設には最低限の予備知識は必要かと思います。

いきなりWordPressを始めようとしたら行き詰った。

ということがないよう、必要なものをひとつずつ解説していきます。

この記事によって、WordPressでブログを始めようとしている初心者の方の迷いがなくなれば幸いです。

また今回の内容や「WordPressとは何か」については下の記事でも触れています。

良ければこちらもあわせてご参照ください。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

WordPressのブログの構成要素

WordPressのブログの開設に必要なものは以下の3つです。

  • 独自ドメイン
  • サーバー
  • WordPress

また、ブログの開設後に必要なものとしては、「テーマ」や「プラグイン」があります。

とりあえず上記の3つがあればブログを立ち上げることができます。

WordPressのブログを家にたとえると、必要なものは下図のとおりです。

WordPressのブログの構成要素

インターネット上に「独自ドメイン」という住所を取得して、「サーバー」という土地に「WordPress」という大工さんが「ブログ」という家を建てる、というイメージです。

そして大工さん(WordPress)を使うのが自分(ブロガー)となります。

逆にいうと、上記のいずれかがないと何も始まりません。

WordPress自体の利用は無料ですが、独自ドメインとサーバーは有料となります。

独自ドメイン

ドメイン」とは何かというと、さきほど触れたように「インターネット上の住所」のようなものです。

そして「独自ドメイン」とは、個人や団体が独自に取得しているドメインのことで、世界にひとつしかありません。

「取得」というより正確には「使用権」の保有で、契約を更新し続ける必要があります。

当ブログの「住所(アドレス)」は「https://koishiken.com」です。

独自ドメイン名

「koishiken.com」の部分が「ドメイン」となり、自分で自由に決めることができます。

独自ドメインを取得するには、通常は「お名前.com」などのドメイン登録サービスと契約します。

ですが、現在はレンタルサーバー会社にて、「サーバーとセットで契約すると独自ドメインは無料になる」というケースが多くなっています。

これがけっこうオトクです。

この独自ドメインという自分しか住むことのできない住所を、次のサーバーという土地に登録することになります。

独自ドメインについては下の記事でも解説しています。

サーバー

「土地」である「サーバー」は、ブログ(ウェブサイト)のデータを収納する場所になります。

インターネットの世界で、独自ドメインという住所(アドレス)にアクセスして、その家のデータを元にブログを表示させるという仕組みです。

サーバーも「取得」するのではなく、レンタルサーバー会社と契約してサーバーを借りることになります。

ドメイン自体に性能の差はありませんが、サーバーは会社や契約するプランによって性能に差が出ます。

  • ブログの表示速度
  • データ容量
  • 会社のサポート

などです。

ちなみに、私は「ConoHa WING」というレンタルサーバーを契約しています。

ここは上記の性能が揃っているうえに契約料金も割安です。

WordPressでブログを始める際は、各レンタルサーバー会社のサービスや料金を比較検討するのがいいと思います。

おすすめのレンタルサーバーについては下の記事で解説しています。

そして、レンタルしたサーバーにドメインを登録して、次のWordPressというソフトをインストールします。

WordPress

「大工」である「WordPress」は、ブログという家を構築するためのソフトウェアです。

注意しなければならないのは、WordPressには2種類あるということです。

この記事で解説しているWordPressとは、「WordPress.org」のサイトからダウンロードするソフトウェアの方を指します。

詳しくは下の記事で解説しています。

ダウンロードと聞くと難しく感じますが、現在は多くのレンタルサーバー会社がお膳立てをしています。

たとえば前述の「ConoHa WING」では、「WordPressかんたんセットアップ」という機能が用意されていて、独自ドメインの取得からWordPressのインストールまで一本化されています。

ブログ開設後に必要なもの(テーマ・プラグイン)

ブログ開設後も必要なものがあります。

テーマ」と「プラグイン」です。

これらはWordPressにインストールする拡張機能で、ブログのカスタマイズやセキュリティ対策・記事の編集などを手助けしてくれるものです。

家の装飾や防犯対策のための道具ですね。

テーマとプラグイン、ともに無料と有料のものがあります。

どちらもブログ開設後すぐに使うものなので、どんなものがあるのかあらかじめ調べておくのもいいかと思います。

ちなみに私は「SWELL」という有料テーマを使っていますが、直感的に操作できるため素人の私でもどうにかブログをカスタマイズすることができました。

また、SWELLは「ブロックエディター」というWordPressの最新エディターにも完全対応していて、記事を書く際も非常に重宝します。

WordPressのブログ開設にかかる費用

WordPressのブログ開設にかかる費用ですが、結局は

  • 独自ドメイン代
  • レンタルサーバー代

ということになります。

いろいろと複雑なように見えて、料金体系はシンプルです。

私の場合、「ConoHa WING」にてサーバーとドメインのセットで3年契約しています。

ドメイン代は無料のうえ、複数年契約のため割安となっています。

ConoHa WINGの3年間の契約料金

合計23760円。ひと月あたり660円です。

私はさらに前述のテーマ「SWELL」を購入しています。これが買い切りで17600円(税込)。

サーバー・ドメイン+テーマで総額は41360円です。

プラグインは現時点ではすべて無料のものを使っています。

もちろん、これは私のケースであって、サービス会社や契約プラン・テーマなどによって料金は変わります。

一例としてご参考になればと思います。

WordPressのブログの構成要素まとめ

以上、WordPressのブログの構成要素とブログ開設にかかる費用を解説してきました。

ブログを家にたとえると必要なものは以下の3つとなります。

  • 住所の「独自ドメイン
  • 土地の「サーバー
  • 大工の「WordPress

またブログ開設の費用は以下の2つがかかります。

  • 独自ドメイン代
  • レンタルサーバー代

(※サーバーとドメインのセット契約が割安です。)

ブログ開設後は、さらに「テーマ」や「プラグイン」が必要となり、有料となる場合があります。

サービス会社やツールによって料金に違いがあるため、ブログ開設前にそれぞれ比較検討することをおすすめします。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次