当ページには広告が含まれています。

【間違い注意】2種類のWordPress【.comと.orgの違い】

ピースサインをする手
  • URLをコピーしました!

WordPressについてのネット上の解説記事や動画を見ると、以下のコメントが散見されます。

WordPressの管理画面が違う。

間違えて違う方のWordPressを使ってた。

WordPressが「違う」とはどういうことか、今回解説していきます。

この記事が、間違いのないWordPress選びの一助となれば幸いです。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

WordPress.comとWordPress.orgの2種類がある

なぜ間違えるかというと、WordPressには2種類あるからです。

2種類?

正確には「使い方が2種類ある」ということですが、それに気づかず本来の目的とは違う使い方を選んでしまうケースがあります。

2種類のWordPressとは、「WordPress.com」と「WordPress.org」のことです。

選択を間違えると収益化できなくなるおそれがあります。

当ブログでこれまで述べてきたのは「WordPress.org」の方です。

以下、WordPress.comとWordPress.orgの違いを解説します。

WordPress.comとは?

木に書かれた.comの文字

WordPress.comは無料で使えるブログサービスのことです。

※公式サイトはこちら

無料ブログサービスと同じやり方でブログを運営していきます。

無料ブログサービスについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

メリットとしては、無料で使えるほか以下の点があります。

  • 簡単にすぐ始めることができる。
  • 趣味や遊びとして使える。
  • 失敗しても金銭的なダメージがない。
  • ブログの練習になる。

逆にデメリットとして、他の無料ブログサービス同様いろいろな制約があります。
以下はすべて無料プランの場合です。

  • 独自ドメインが使えない。
  • WordPress.comの広告が表示される。
  • 広告収益が得られない。
  • カスタマイズ性に乏しい(プラグインが使えない)。

以上の制約を解除するには、有料プランに加入する必要があります。

ちなみに、広告収益を得ることができるのは「プレミアム」プラン以上となっています。

現在(記事投稿時点)、プレミアムは月額1600円です(年一括払いで月額900円)。

それなら別に独自ドメインとサーバーを契約して、次に解説するWordPress.orgを利用した方がコスパに優れているかと思います。

WordPress.orgとは?

wordpress.orgと書かれた帯

WordPress.orgは「WordPress」というソフトウェアをダウンロードするためのサイトです。

※公式サイトはこちら

前述のように「WordPressを使ってブログを書く」というのは、当ブログではこちらの意味を指します。

WordPressのソフトについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

あらかじめサーバーを契約し独自ドメインを取得したうえで、WordPressをインストールしてブログを書いていきます。

これによりブログサービスに依存しないため、以下のメリットが生まれます。

  • ブログ消失の危険が減る。
  • 広告を自由に貼れる。
  • 優れたカスタマイズ性(テーマやプラグインが使える)。

WordPress自体は無料で使えますが、独自ドメインとサーバーはそれぞれ有料となります。

始める難易度は比較的高いものの、先ほども触れたように、収益化目的でブログを始めるならこちらの方がコスパに優れているかと思います。

私は「ConoHa WING」というサーバーを独自ドメインとセットで契約しています。

3年契約で23760円でした。ひと月あたり660円です。

WordPress.comのプレミアムコースより割安です。

これだけで上記のメリットを得ることができます。

また現在は、サーバー会社の契約画面から簡単にWordPressをインストールすることができるようになっています。

そのため、初心者にとっては公式サイトからWordPressをダウンロードする必要性はあまりなく、ブログを始めるのも昔よりはずっと簡単です。

ブログを始める方法は下の記事で解説しています。

2種類のWordPressまとめ

以上、WordPress.comとWordPress.orgの2種類のWordPressについて解説してきました。

それぞれの特徴をまとめると以下のとおりです。

WordPress.com
  • 無料で始められるブログサービス。
  • 簡単に始められる。
  • 機能や広告の制限がある。
  • 制限を解除するのは有料。
WordPress.org
  • ソフトウェアのWordPressをダウンロードするサイト。
  • 独自ドメインとサーバーを契約する必要がある。
  • 広告の制限がない。
  • カスタマイズ性に優れている。

以上のことを踏まえて、どういった方法でブログを始めるのかご検討くださればと思います。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次