当ページには広告が含まれています。

WordPressの初期設定 1【ダッシュボードの「更新」とサイトのタイトル・キャッチフレーズの変更】

開きかけのノートパソコン
  • URLをコピーしました!

前回下の記事で、WordPressをインストールしてブログを開設するところまで解説しました。

今回はその直後に行う初期設定について解説します。

記事を投稿する前のWordPressの大事な基本設定となります。

ブログを開設したはいいけど、次にどうしていいかわからない。

というWordPress初心者の方のご参考になれば幸いです。

一度に詰め込み過ぎてもゲンナリすると思うので、小分けにしてシリーズ化していきます。

以下はレンタルサーバー「ConoHa WING」の「WordPressかんたんセットアップ」を利用してブログを開設した私自身の例を元に解説します。

小石健と申します。YouTubeチャンネルはこちら

目次

ダッシュボードの「更新」(翻訳の更新)

まずWordPressの管理画面にログインすると、左メニューの「ダッシュボード」の「更新」に赤丸の「1」と表示されていました。

WordPressのダッシュボードの「更新」

「自分はそのように表示されていない」という場合は何もしなくて結構です。

この「更新」をクリックすると、WordPressやプラグイン・テーマの更新を促す画面が表示されます。

WordPressの翻訳の更新画面

この画面からWordPressやプラグインなどを最新バージョンに更新することができます。

赤丸の数字は更新対象の数となります。

プラグインやテーマというのはブログの拡張機能のことで、これらについては後々解説します。

今回は、上図の一番下の「翻訳」に「新しい翻訳が利用可能です」と表示されているので「翻訳を更新」をクリックします。

すると、プラグインやテーマの翻訳が順次更新されていきます。

WordPressの翻訳を更新した画面

すべて翻訳が正常に更新されました。

今回の更新についてはこれで終了です。

今後プラグインやテーマなどはこのようにして更新していくことになります。

いま更新するのはなんだか不安という場合は、とりあえずスルーしておいても大丈夫です。

むしろバックアップの体制をとったあとで行った方が安全です。

サイトのタイトルとキャッチフレーズの変更

私はレンタルサーバー契約時にサイトのタイトル(ブログタイトル)を間違えて設定してしまったので変更します。

WordPress管理画面の「設定」の「一般」をクリックします。

この「一般設定」の画面にて「サイトのタイトル」および「キャッチフレーズ」を変更することができます。

WordPressの一般設定の画面

この欄に直接入力します。

WordPressのサイトのタイトル変更画面

サイトのタイトルは、記事の投稿をしていってブログに慣れる前に決めた方がいいかと思います。

外部のサイト(解析ツールやASP)に登録している場合はサイトのタイトルも変更する必要があり、後々手間がかかってしまうからです。

キャッチフレーズは、私はシンプルさを優先して無し(空白)に変更しました。

初期は上図のようにデフォルトの文言が設定されているので、空白にするか任意のものを入力しましょう。

キャッチフレーズについてはまた別の記事で解説します。
キャッチフレーズが決まっていない場合は空白で構いません。

そのあとは、同じ画面の下にある「変更を保存」をクリックします。

WordPressの「変更を保存」ボタン

自身のブログを表示させると、すぐに反映されました。

サイトのタイトル変更後のサイト画面

それでは第2回に続きます。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次